2011年12月9日
by yamamori
0 comments

メディア紹介

< 2012年1月31日付 山梨日日新聞 記事 > タイトル: 「山梨の森は今」 第2部 里山の苦悩 「土地所有者が分からないので、間伐計画を立てることができない。これでは間伐事業が成り立たなくなるケースも考えられる」-。早川町森林組合の京島孝佳さん(41)は今、危機感を募らせている。 「地図と照らし合わせても土地がなかなか合致しない。確認作業には苦労してます」。同町で間伐に取り組むNPO法人「早川山守会」事務局の小倉伸一郎さん(61)の悩みも深い。  山の土地の所有者が分からず、境界線も分からない・・・。そんな事例が県内の森で増えている。町面積の96%を森林が占める早川町。林を維持するために必要な間伐には1ヘクタールで15乃至60万円が掛かるという。しかし、林業の衰退で、山に投資するメリットは薄れ、次第に手が入らない森林が増えた。過疎化が進み、山を残したまま移住する人も増えた。  農林業センサスによると、所有者がその地域に住んでいない「不在地主」が所有する県内の森林は、2000年が3万1184ヘクタール。05年には3万1358ヘクタールとなり、174ヘクタール増えた。いったん、山とのつながりが途絶えて時間がたつと、所有者が今どこにいるのか、誰が所有者なのかも分からなくなるケースがある。その結果、山は放置され、荒廃林が増える悪循環となる。  早川町は、森林の荒廃を食い止めようと、所有者に代わって、間伐に当たる事業に取り組んでいる。森林所有者、町森林組合が協定を結び、町が組合に作業を委託する仕組みだ。間伐に掛かる費用は町が全額負担する。2010年度は同町湯島地内の森林5.3ヘクタールを間伐。11年度も約5ヘクタールの間伐を予定している。  だが、所有者不明の森林の多さが作業のネックとなっている。所有者の許可を得て、土地の範囲が確定されなければ作業には入れないが、調べても所有者が分からないケースが出てきた。このため、所有者が分かり、境界線が比較的明確な場所で間伐作業を行わざるを得なかった。そのため作業場所は「飛び地」となり、効率は悪くなった。  所有者が分かっていても「小規模地主が多く、1ヘクタールの土地が何人もの地主で構成されているケースが多い」と京島さん。湯島の5.3ヘクタールの森林も30人ほどの所有者がいる。森の中での境界線の確認作業は手間もかかる。  町の間伐代行事業は「100年の森づくり計画」と名付けられている。町振興課は「木材の流通経路を確保できるのが一番」としながらも、「今は森林整備を進め、次世代にどれだけよい山を残してあげられるかが大切」と、間伐代行の作業を進める。  山守会の小倉さんも、山が以前のような「資産ではなくなっている」ことを嘆く。「山で仕事をしたい人と、山を整備してほしい人とのマッチングの機会を増やすことも必要だと思う」。山を再び地域の資産とするために・・・。その思いを胸に間伐作業に当たっている。   < 2012年1月付 早川町広報誌 No.567 記事 > 辻一幸早川町長の年頭あいさつ「早川新時代をめざして」 町民の皆さんには、希望の新年を迎えられたことと存じます。(中略) 大震災における原子力発電所の事故は、大変な事態となっています。早期の収束を図ることが国と東京電力の責任でありますが、原子力発電優先で、経済第一主義に走り続けた国の構造は、国土に過疎、過密を生み、私たちの町も今日に至ったといえます。 こうした中でも、早川町はいつも活力のある町への努力を続けています。それは、誰もがふるさと早川に対する思いと、誰もがこの町をみんなで守り抜くという強い思いがあるからです。このたびの災害への対応や東日本大震災への町民の思いやりを見ても、そのことを強く感じます。 昨年も、上流研の活発な活動、NPO早川山守会の台頭や、トラねこ市の開催、「ココロト」での町民の文化展開催等々、これまでの旧村一拠点づくりの上に、さらに新しい息吹が芽生えだしました。(中略) 変化が到来している今日、私たちは自らが変わり、また自らが強い決意でこれからを変えていかなくてはならないと思います。 足元の暮らしをもう一度考えてみよう。そして自分たちの地域のよさや価値を再認識してみよう。自然と共生していく暮らしや、その中で本当の豊かさや生き方を見つけ出す努力を自らがしていこうではありませんか。   < 2011年12月9日付 山梨日日新聞 記事 > 早川町早川のNPO法人早川山守会(早川一誠理事長)は、山林の間伐作業や遊休農地の解消に取り組んでいる。早川集落の山で間伐したヒノキなどを、自作の炭焼き窯で焼く。農業用の粉炭として販売して収益を挙げ、将来的には雇用確保と定住促進につなげたい考えだ。同NPOには、地元住民や県外からのボランティア約20人が参加。今年5月にNPOに移行し、これまでに竹林の間伐や遊休農地での大豆、米の栽培を進めてきた。 7月には、公益社団法人国土緑化推進機構の「緑の募金公募事業」に応募。活動内容が認められ、2年間で約430万円の助成を受け、同集落の奥峰と呼ばれる山で間伐作業に取り組んでいる。奥峰は約8割がヒノキや杉の人工林。2011年は1ヘクタール、12年には3ヘクタールを間伐する。また、2年間で竹林や里山4ヘクタールを間伐する計画。切り倒した木は、自作の炭焼き窯で粉炭に加工。粉炭は「針葉樹林の炭は柔らかく粉にしやすく、ミネラルを豊富に含む」(同NPO)として、農業用の肥料として販売する。 このほかにも、早川集落で遊休地となっていた田畑約5千平方メートルを地主から借り受け、米や大豆、そばを栽培。収穫した作物は2割を地主に還元するほか、メンバーの実労働時間に合わせて分配したり、販売するなどしている。今後は、間伐材を炭以外にどう活用するかや、粉炭販売による収益確保が課題。収入を安定させ、雇用確保と定住促進につなげていきたい考え。早川正治理事は「間伐作業を軌道に乗せ、一つの事業として成り立たせたい」と話している。

2011年11月6日
by yamamori
0 comments

早川の間伐材を利用した木工製作

早川山守会の活動に参加するために、早川町に移り住み1年になりました。「楽しいですよ!」 今回は、桐でまな板作りに挑戦を致しました。 山林で伐木され2年ぐらい経過した、直径50cmの桐を見つけました。 チェンソーで、長さ50cm・幅5cmに縦切にします。 板状にした表面を、チェンソーを寝せて凹凸を削り平にします。(手製の製材) 「伐木後2年も経つのに、多量の水分を含でいて切粉が顔に当たると痛い。作業洋服も水でビッショリ。」 難点は、表面を削っていると時々木の節が出てくる。 最悪、桐には申し訳ないが破棄します。 用途に応じた大きさに四隅を切り取ります。 普通は1~2年かけ自然乾燥するそうですが、今回は6カ月に短縮いたしました。 乾燥途中に、ヒビ割れや反りが出てきます(乾燥の目的)が、 ヒビ割れしないことを願うばかりです。 親父の形見のカンナで仕上げ。 しばらく使っていなかったので、先ず刃の研ぎをしました。 厚みを2~3cmまで、水平を取りながらひたすら削ります。 木の目に合わせて削りますが、時々途中から逆木になる面もあり、カンナ刃の調整が大変でした。 最終仕上げは、サーフェスを掛けて完成。 「あっ、軽い」 桐のまな板は、抗菌・消臭・防虫・防カビそして 包丁の刃を傷めないなど効果があるそうです。 オーダーメイドの製作を受けようかな! (文責:相澤)

2011年11月6日
by yamamori
0 comments

ポータブルロープウィンチを用いた間伐材搬出作業研修会

カナダ・ポータブルウィンチ社のロープウィンチは、100m長さの芯入り二重編みポリエステルロープ(径13mm)を装備しており、ワイヤーを使用する搬出機材に比べて軽量・小型で扱いやすい。ホンダ50ccエンジンによる牽引力は、動滑車を使わない場合でも1000kgあり、通常の間伐・搬出作業において十分に機能を発揮する。 本研修会は、ポータブルウィンチを用いることによって、(1)伐木時に懸かり木が発生しやすい状況下で、間伐作業がどのようにやりやすくかつ安全になるかについて、及び(2)間伐材の搬出作業がどの程度容易になるかについて、実作業を通じて学習することを目的として開催されました。 開催日時:12月4日(日曜)13時~16時    研修地: 早川集落近くの奥峰地区山林内 参加者 :酒井(長野市)、高木(神戸市)、高木(明石市)、南浦(宇都宮市)、林(横浜市)、北村(日野市)、望月(富士川町)、倉本(駒ヶ根市)、堀本(ピーシー販売)、山本(早川町)、相澤(早川町)、小倉(早川町) 当日は、12月には珍しく暖かいお天気でした。県外からも多数のやる気のある若い参加者を得て、皆さん一緒に汗をかきながら、以下の作業を行いました。 1)胸高直径30cmの懸り木になったひのきをウィンチで引き倒す作業 2)傾斜地において、様々な太さの丸太を束にしてウィンチで70m位の距離を引きずりあげる作業 3)胸高直径40cmの懸り木になったひのきを元口にロープを巻きつけ、全木丸ごと引きずり出す作業 4)丸太を滑車でロープに吊り下げ、傾斜地に沿ってすべり降ろす作業   黄色い先導キャップを取り付けているところ

2011年10月31日
by yamamori
0 comments

間伐材を利用した自然派ログハウス

早川山守会は、2010年度の事業計画の一つとして、2010年6月から8月にかけてミニログハウスを試作しました。間伐材を有効に利用するための活動の一つとして取り組みました。   このログハウスは、内部の面積が4畳半と小さなものではありますが、間伐材を使用したものであり、また、他では見られないいくつかの特徴を持っています。第一に、小口径の間伐材を使用することから、通常販売されているログハウスにおいて工作されているグルーブという上下の丸太間の溝を掘っていません。この溝は、丸太間の隙間をなくすために作るものですが、早川山守会のログハウスでは、隙間を、わらを混ぜた山粘土などでふさぐため、グルーブの切削をする手間がいりません。このため、作業期間が大幅に短縮でき、また、必要な丸太の数も少なく出来ました。   次に、本ログハウスには、日本の伝統的な「焼き杉板」の技法を使って板材を処理してあり、塗料についても内部には「柿渋液」を塗装するなど、人に優しく、また、山小屋のような趣を持たせるようにしてあります。このようなことから、本ログハウスを「間伐材を利用した自然派ログハウス」と名づけました。   工事は、2010年6月から8月にかけて行われました。延べ100人日程度の労力を必要としました。工事に先駆け、工事担当者を南部町にあるログクラフト事業協同組合へ研修派遣し、基本的な技能を修得させました。また、工事開始後も、同組合から様々なアドバイスをいただきました。   作業の各工程でいろいろな苦労や経験などありましたので、以下にその概要について説明いたします。   工程1 まず、間伐材を切り出し、その皮むきをしました。皮むきについては、早川理事長から江戸時代に使われていた道具を借りることが出来、作業効率が上がりました。カナダなどで使われているドローナイフより小型の刃がついた切削道具ですが、なかなか使い勝手がよいです。 丸太は、秋から冬にかけて切り倒したものはカビがつきにくいですが、春の水をあげている期間に切り倒したものは、カビがついて真っ黒になりやすく、皮をむいた後、水で洗う、防かび剤を塗る等の注意が必要です。それから、木を切り倒してから、半年以上乾燥させると、材が硬くなり、チェンソーでノッチ(丸太の重ねあわせ部につくる切り込み)を切るときに苦労することになりますので、乾燥させる期間についても考慮する必要があります。 ノッチについては、普通のチェンソー(排気量40ccと50ccの2つ)を使って、ラウンドノッチと呼ばれる基本型でつくりました。まず、平行する上下の丸太の隙間が7cm位(正確なスクライブをし易い長さ)になるように、上の丸太の交差部をチェンソーでラフカットします。次に、2つの丸太を上下に組置きし、落ちないように「材木かすがい」で固定し、交差部における下の丸太のかたちを上の丸太に、スクライバーというコンパスのような器具(安いものは1~2万円、インターネットで購入できる)でていねいにうつしとります。この時、スクライバーの足端間隔を適当な長さに設定しますが、例えば、丸太の隙間の間隔が7cmで、スクライバーの足端間隔が6.5cmだと、仕上げ後の上下の丸太において5mmの隙間を残すことになります。うつしとった線は、チェンソーで削った際に消さないように最後まで残します。なお、下の丸太が上の丸太より細い場合に、オーバーハング部分がノッチの組み込みを邪魔することが起こりえますが、その場合は、下の丸太のオーバーハング部を少し削り取ることにより対処します。 チェンソーは、Still社のMS200(排気量39cc)とMS260(排気量50cc)を使用しました。ガイドバーは、彫刻用ではなく、普通のものでOKです。 工程2 次に基礎工事です。基礎は、ひのき丸太(直径30cm位)の独立基礎としました。丸太には、ACQ加工(Alkaline Copper Quaternary、防腐剤の加圧注入)を施しました。ACQについては、軽トラで静岡県清水港にあるモクサン(清水港木材産業協同組合)に持ち込んで加工しました。なお、ひのきは乾燥すると亀裂が入ったりして耐久性にやや難がありますので、出来れば、松や栗などの材を使った方がベターと思います。地面に丸太を設置した後、その上に、はしご形の根太をつくりました。水平は、水をいれたホースで確認しました。 工程3 基礎部分の上に一段一段、丸太を積み上げました。どの丸太をどの位置で使うかは一番難しい問題です。事前にすべての丸太に番号を打つとともに両端それぞれの直径を計っておき、窓枠や一番上の丸太の高さを水平に揃えるために、エクセルで計算しながら、丸太の選木をしました。おおまかには、細い丸太は中間部に使用し、下部と上部の丸太を太くすれば見栄えはよくなるようです。 工程4 上のほうの丸太は、チェンブロックで積み上げました。窓や入り口の開口部については、丸太の一方の端にしかノッチを切れませんので、他の端には、長さ20~30cmの鉄筋をダボうちして固定してあります。ダボの穴は、一応インパクトドリルでもあけることができます。雨で丸太が濡れている時など、丸太は簡単に滑落しますので大変危険です。十分な注意が必要ですし、開口部の丸太組みを作る際には、ノッチを切らない丸太の端が固定できるような治具を使用します。 工程5 15段目まで丸太を積み上げ、その上に屋根板を張る細丸太を2方向に設置しました。 工程6 棟木をほぞ切りと金具でとりつけ、その上に2x6材を、そして、その上にコンパネ板をはりつけました。縁には水きり用の金具をとりつけました。 工程7 屋根材を敷設しました。まず、アスファルトロールのシートを張り、その上に、アスファルトシングルをボンドと釘で敷設しました。更に、入り口ドア前のテラスを製作しました。 アスファルトロールの敷設は、雨漏りを防ぐ基本になります。釘穴や継ぎ目などについても、出来るだけシールすることがお勧めです。 工程8 窓枠とドアの取り付けをしました。ログハウスは、筑後5年間ぐらいかけて丸太が乾燥し、少しずつ沈下しますので、その対策が必要です。そのため、窓枠やドアの枠は、丸太端面につくった切り込み溝にはめ込むだけです。窓は、アンダーセン社の既製品を使いましたが、ドアは、ステンドグラスをはめこみ手作りしました。最後に、丸太の隙間を、わらを混ぜた山粘土とコーキング材等でふさぎ、また、外部をキシラデコールで、内部を柿渋で塗装し、完成しました。 窓開口部に刻んだ溝(ここに窓枠をはめ込み、丸太が沈んでも窓枠に影響しないようにする)完成したミニログハウスこのログハウスは、現在、早川集落内において、炭焼きの見張り小屋として利用されています。電気はありませんが、ランプの灯りでゆっくりとした時間を野生的な自然の中で過ごしてみたいという会員の方の体験利用をお待ちしています。 最後になりましたが、本ログハウス試作に当たり、南部ログクラフト事業組合の斉藤友一様には貴重な助言をいただくなど大変お世話になりました。この場を借りて改めてお礼申し上げます。 (了)