2011年10月31日
by yamamori
0 comments

間伐材を利用した農業用資材(粉炭)

早川山守会は、2011年度の事業計画の一つとして、間伐材を利用した農業用資材(粉炭)の製造事業を開始します。この事業は、緑の募金の運営機関である(公社)国土緑化推進機構の助成事業で、事業名は「早川流域水源林における間伐促進と間伐材の農業用資材(粉炭)としての活用」といいます。事業は2年間で行われ、初年度に230万円の助成金が入る予定です。同機構及び募金に協力していただいた日本紙業連合会に感謝申し上げます。 粉炭は、多孔質で1グラム当たり200~300㎥の表面積を持ちます。この表面に開いた孔は、有用微生物にすみかを提供し、有機物をエサに繁殖した微生物や炭の持つミネラル(カリウム、カルシウム、リン等)が、作物の生理を活性化し、植物を元気にします。また、土壌の保水性、通気性、保肥性を高め、根の機能を活発にします。 このため、有機物(落ち葉、稲わら、家畜ふん等)に1割程度の粉炭を混ぜたものを、例えば作物の根元に表土施用すると、農薬等をあまり使用しなくてもすむので、おいしくて安全な野菜等がうまく収穫できます。連作障害や酸性土壌のpH調整にも有効です。もちろん、植木鉢等で作る園芸にも利用できます。 本事業は、このように役立つ粉炭を間伐材から製造しようというものです。燃料に使用する木炭は、なら、樫等の硬い木を焼かなければ良いものができませんが、粉炭の場合は、多孔質にすればよいだけなので、針葉樹でも使えます。また、針葉樹を焼いて作った木炭は軟質のため、粉砕が容易であり、粉炭の製造に適しています。このようなことから、人工林の間伐材は粉炭の原料として適切に利用できます。 販売価格は、18リットル袋詰めで700円です。今年度は、試行期間なので約500袋製造予定です。事業がうまく回れば、将来は「木の駅」方式で、一般の方から用材に使えないいわゆる「c材」を購入することも目標にしています。そうすれば、山主さんが自分で持ち山の間伐をしてお金に換えることができるので、山林の間伐自体がもっと進むと思われます。 既に販売を開始していますので、ご関心ある方は 0556-48-2550(担当 小倉)までご連絡お願いします。                   「土づくりのお助けマン」農業・園芸用粉炭18リットル入り