2011年11月1日
by yamamori
0 comments

ストーブ用薪の製作

早川山守会は、2011年度の事業計画の一つとして、ストーブ用薪の製作を開始しました。近隣の山にある廃材、除伐材などを有効利用することが目的です。材を山から出してきて、それを36cmの長さにチェンソーでカットし、エンジン式薪割機を使ってストーブで使いやすい太さに割ります。これを山積みして、風通し良いところでひと夏乾燥させて出来上がりです。 早川山守会では、直径約22cmの束にして、針金の輪に詰めたものを販売しています。広葉樹ミックス一束250円です。ご自宅まで配達しています。但し、配達料は別途実費(ガソリン代プラス高速料金)をいただきます。ご関心の向きは事務局(電話:0556-48-2550、メール:shinichiro.ogura@nifty.com 担当 小倉)までご連絡ください。 エンジン式薪割機は、ナカトミのELS-7T(中国製、定価約12万円)を使用しています。スペック等は以下のとおりです。 破砕力 7トン 最大で径350mm、長さ450mmの丸太まで薪割り可能 4サイクルエンジン使用 排気量118ml 燃料はガソリン サイズ W1350mm×D700mm×H650mm 重量 82kg   サイクルタイム 20秒 2分割用と4分割用のカッターを装備